ふるさと振興のイベント案内

ふるさと振興で行われるイベントや、喜多方市や周辺市町村での出来事などを発信していきます。

また、ふるさと振興で行われたイベントなどお得情報などもご覧ください。

岩渕 結 不思議の国の猫たちと絵本原画展 (喜多方蔵の里)

2023/07/30 (日) 〜 2023/10/15 (日)

 会津若松市生まれの岩渕結の絵本原画展を開催いたします。不思議の国の様々な猫たちと、自然界の目に見えぬ世界を描いた絵本「龍神様シリーズ」の作品を展示いたします。

◆場 所:喜多方蔵の里 イベント蔵(旧唐橋家味噌醸造蔵)
◆料 金:蔵の里の入館料で、 個展の観覧と蔵の里の見学ができます。
      一般・大学生 400円、小・中・高校生 200円
◆時 間:9時〜17時(最終入館16時30分)

※喜多方蔵の里は、蔵づくりの文化を後世に伝えることを目的に、店蔵・味噌蔵・穀物蔵・郷頭曲り家などを移築・配置して、懐かしい日本の原風景を形作っています。蔵の内部には、染型紙の会津型や“日本のナイチンゲール”瓜生岩子の資料などを展示しています。

  • 岩渕 結 不思議の国の猫たちと絵本原画展
  • 岩渕 結 不思議の国の猫たちと絵本原画展

企画展名:とべ!とべ!ぺんぎんたち 齋藤槙えほん展 (喜多方市美術館)

2023/07/29 (土) 〜 2023/09/24 (日)

■展覧会概要
新進気鋭の絵本作家、齋藤 槙さんの展覧会です。 会場ではペンギンをはじめ絵本に登場する動物や植物があちこちで迎えてくれます。 生き物を愛し、「こども心」と「物語性」を大切にしているという齋藤 槙さんは、貼り絵、ステンシル、染色など様々な手法で作品を発表してきました。代表作の一つ『ぺんぎんたいそう』は幼稚園や保育園のお遊戯会でも大人気です。 絵本原画の展示だけでなく、フォトスポットとして“ペンギンの顔はめパネル”も設置するなど、親子でにぎやかに遊びながら鑑賞できる展覧会です。 やわらかな色彩と確かな技法で彩られた、齋藤 槙さんの世界をお楽しみください。

■齋藤 槙 (さいとう まき) Maki Saito
東京生まれ。武蔵野美術大学造形学部日本画科卒業。様々ないきものを独自の手法でユーモラスに描き、土や草木などの自然の色を使った絵画や、布を使った作品などを制作し、個展、グループ展を多数開催している。2009年に『ながーいはなでなにするの?』(福音館書店)で絵本作家としてデビュー。意欲的に作品を発表し、親子向けのワークショップも多数開催している。絵本作品はほかに、『ちいさなうみのかくれんぼう』『ぺんぎんたいそう』『虹色いきもの図鑑』『さくよ さくよ』『おしりじまん』(以上、福音館書店)、『森のくるるん』(そうえ
ん社)、『ひょうたんれっしゃ』(アリス館)、『なまけものパーティー』(小学館)などがある。

■会 期:2023年7月29日(土) から9月24日(日)まで
■主 催:喜多方市美術館
■後 援:福島民報社、福島民友新聞社、朝日新聞福島総局、読売新聞東京本社福島支局、毎日新聞福島支局、 産経新聞福島支局、河北新報社、福島テレビ、福島中央テレビ、福島放送、テレビユー福島、ラジオ福島、ふくしま FM、喜多方シティエフエム
■協 力:喜多方市立図書館、こどもの本 WAVE
■企画協力: メディアリンクス・ジャパン
■観覧料:一般/600円、小・中・高校生/250円、65歳以上75歳未満/300円、未就学児・75歳以上/無料
■休館日:毎週水曜日
■関連事業
○齊藤槙さんスペシャルギャラリートーク
 日時:7月29日(土)14:00から15:00
 場所:喜多方市美術館展示室
 講師:齋藤 槙氏(絵本作家)、穂積 保氏(こどもの本WAVE代表)
 参加費:無料 ※当日観覧券が必要です。
○親子読み聞かせ会
 日時:8月19日(土)10:30から
 場所:喜多方市美術館展示室
 対象:3歳から小学校低学年とその家族
講師:喜多方市立図書館職員
参加費:無料 ※要申込・当日観覧券が必要です。
定員:10名
申込方法:直接または電話にてお申込みください。
○学芸員による作品解説
 日時:8月27日(日)、9月18日(月祝)各日14:00から
 場所:喜多方市美術館展示室
 参加費:無料 ※当日観覧券が必要です。

 問合先: TEL 0241-23-0404
URL http://www.kcmofa.com/

  • 企画展名:とべ!とべ!ぺんぎんたち 齋藤槙えほん展

マチエールの流儀 矍圭嗜催 (喜多方市美術館)

2023/06/10 (土) 〜 2023/07/17 (月)

○展覧会の概要
矍圭嗜此1955生まれ)は、岩手県陸前高田市出身の造形美術家です。高校時代に盛岡市内の書店でゴッホの画集に出会ったことをきっかけに画家を志します。福島大学教育学部美術科を卒業後、福島県内の高校を始め、福島県内の特別支援学校で美術教諭として約40年にわたり勤務しました。その一方で青木繁記念大賞展、岩手県芸術祭、そして当館主催の「公募:ふるさとの風景展in喜多方」等に出品を重ね、福島県や岩手県を中心に作品の発表活動を行っています。
マチエールとは、「材料」という意味を持つフランス語で、絵具などの描画材が画面に作り出す材質感を指す美術用語でもあります。矍靴麓作のパネルを支持体に、砂やセメントなどを重ね、アクリル絵具で仕上げることで、独特の材質感をもった作品を一貫して制作し続けています。本展覧会では、実在感のある具象画からモノクロームが基調の抽象画まで、表現の変化に富んだ絵画約45点を展示いたします。作品を通じて、堅牢なマチエールの迫力と、岩手と福島という美術家の二つの故郷への想いを感じていただけると幸いです。
・主 催/喜多方市美術館
・観覧料/一般600円、小中高校生300円、65歳以上75歳未満250円、未就学児・75歳以上無料
・休館日/毎週水曜日
・関連事業/
1.作家によるギャラリートーク
 日時:6月11日(日)13:30から
 場所:喜多方市美術館内
 講師:矍圭嗜沙瓠並し組術家)
 無料:※当日観覧券が必要です。
2.ワークショップ「マチエールの作り方、生かし方」
 日時:6月24日(土)、7月1日(土)各日13:00から15:30
 場所:喜多方プラザ第三会議室
 講師:矍圭嗜沙瓠並し組術家)
 参加費:1,500円
 定員:10名 ※要申込
 備考:汚れても良い服装でご参加ください。下書きを準備していただきます。
3.学芸員による作品解説
 日時:7月15日(土)各日14:00から
 場所:喜多方市美術館内
○お問い合わせ先 TEL 0241-23-0404
※喜多方市美術館HPアドレス http://www.kcmofa.com/

  • マチエールの流儀 矍圭嗜催

喜多方さつきまつり (喜多方蔵の里)

2023/05/26 (金) 〜 2023/05/28 (日)

「第50回蔵のまち喜多方さつきまつり」が喜多方蔵の里で開催されます。
今回は、第50回記念事業として「第10回福島県皐月花季銘品展」を喜多方プラザ文化センターにて同時開催いたします。
さつきを愛する市民の手により丹精込めて育て上げられた銘木を是非ご覧ください。
また、各日先着50名様にさつき苗木のプレゼントもございます。

●会 場:喜多方蔵の里、喜多方プラザ小ホール
●時 間:午前9時〜午後5時(最終日は午後2時まで)
●入場料:無料
●主 催:蔵のまち喜多方さつきまつり実行委員会(喜多方さつきまつり)
     (一社)日本皐月協会福島中央支部・会津支部(福島県皐月花季名品展)

  • 喜多方さつきまつり
  • 喜多方さつきまつり

三ノ倉菜の花畑 (その他)

2023/05/10 (水) 〜 2023/05/28 (日)

三ノ倉高原では、菜の花が満開を迎えています。
5月10日から、レストラン「山小屋くらら」をオープンし皆様のお越しをお待ちしております。

  • 三ノ倉菜の花畑