ふるさと振興のイベント案内

ふるさと振興で行われるイベントや、喜多方市や周辺市町村での出来事などを発信していきます。

また、ふるさと振興で行われたイベントなどお得情報などもご覧ください。


世田谷美術館コレクション 向井潤吉展 東北・新潟を見つめる旅 (喜多方市美術館)

2021/09/18 (土) 〜 2021/11/03 (水)

●会   期/令和3(2021)年9月18日(土)〜11月3日(火)
●開館時間/午前10時〜午後6時(展示室への入館は午後5時30分まで)
●主   催/喜多方市美術館
●特別協力/公益財団法人せたがや文化財団、世田谷美術館
●協   力/公益財団法人 野口英世記念会
●後   援/福島民報社、福島民友新聞社、朝日新聞福島総局、読売新聞東京本社福島支局、毎日新聞福島支局、産経新聞福島支局、河北新報社、NHK福島放送局、福島テレビ、福島中央テレビ、福島放送、テレビユー福島、ラジオ福島、ふくしまFM、喜多方シティエフエム
●展覧会の概要
向井潤吉(むかい じゅんきち、1901-1995)は、京都出身の洋画家です。関西美術院に学び、ヨーロッパ留学を経て、昭和8(1933)年に東京・世田谷にアトリエを構え、長く創作の拠点としました。終戦の年の秋に新潟県川口村(現長岡市)を訪れ、古民家をモチーフとした作品を制作して以来、日本各地を旅しながら、高度成長期の中で失われゆく茅葺き屋根の古民家を40年以上にわたって描き続けました。向井の制作スタイルは、心惹かれる風景や民家の前にイーゼルを立て、その場の風光を感じながら作品を描くというものでした。作品には、風景そのものだけではなく、地方独特の自然環境や人々の暮らしに対する感慨までもが表現されており、観る人への共感を誘います。古民家を巡る旅の中で、向井は東北地方に度々訪れており、特に岩手・山形・福島の3県には頻繁に足を運びました。県内では、初夏から晩秋にかけて、中山宿などの古くからの宿場町、猪苗代町や南会津の町村を取材しています。本展覧会は、向井潤吉作品を多く所蔵する世田谷美術館の特別協力のもと、東北地方と新潟県を題材とした油彩画・水彩画約45点を紹介します。作品を通して、かつての風景に想いを馳せ、それぞれの地域に根ざした暮らしの多彩さを感じていただければ幸いです。

●観覧料/一般 600円、小・中・高校生 250円、65歳以上75歳未満 300円、未就学児・75歳以上 無料
●休館日/毎週水曜日
●お問合先/喜多方市美術館 〒966-0094 喜多方市字押切2丁目2番地
     TEL 0241-23-0404、FAX 0241-23-0406
     
※新型コロナウイルス感染対策によります市内公共施設喜多方市民の利用限定措置は、9月21日(火)から解除となりました。今後ともよろしくお願いいたします。
※来館やイベントに参加される際は、マスクの着用・手指消毒等のご協力をお願いします。
※詳しくは、喜多方市美術館HPをご覧ください。  URL http://www.kcmofa.com/



  • 世田谷美術館コレクション  向井潤吉展  東北・新潟を見つめる旅
  • 世田谷美術館コレクション  向井潤吉展  東北・新潟を見つめる旅

しかけ絵本の世界展 (喜多方市美術館)

2021/07/31 (土) 〜 2021/09/07 (火)

 紙でできたしかけによって、ストーリーをより楽しませてくれる「しかけ絵本」。ページをめくると絵がとび出すものや、つまみを引くと模様があらわれるものなど、種類やかたちも様々です。閉じると本のすがたにもどる様子は、とても不思議に感じられます。
 本展では海外の作品を中心に、多種多様な内容の「しかけ絵本」約120点を展示します。19世紀後半からドイツで活動した、「しかけ絵本」の父ともいわれるロタール・メッゲンドルファーの代表作「インターナショナル・サーカス」や、現代の作家で「不思議の国のアリス」「オズの魔法使い」といった名作を精巧なしかけで表現したロバート・サブダの作品などをご紹介します。
 美しい挿絵やユニークなしかけの数々をご覧いただき、幅広い「しかけ絵本」の魅力を感じていただければ幸いです。
・展覧会名/しかけ絵本の世界展  ーひらいてみよう!とびだす絵の不思議ー
・主催/喜多方市美術館
・企画制作/株式会社 MOLEN
・協力/喜多方市立図書館
・後援/福島民報社、福島民友新聞社、朝日新聞福島総局、読売新聞東京本社福島支局、毎日新聞福島支局、産経新聞福島支局、河北新報社、NHK福島放送局、福島テレビ、福島中央テレビ、福島放送、テレビユー福島、ラジオ福島、ふくしまFM、喜多方シティエフエム
・観覧料/一般600円、小・中・高校生250円、65歳以上75歳未満300円、未就学児・75歳以上 無料
・開催期間/令和3年7月31日(土)から9月7日(火)まで
・開館時間/午前10時から午後6時まで(最終入館は午後5時30分)
・休館日/毎週水曜日
・関連事業/アーティストトーク・ワークショップ「ポップアップカードをつくろう!」・しかけ絵本読み聞かせ会
・喜多方市立図書館との共同企画
喜多方市立図書館では、しかけ絵本の特設展示「しかけ絵本をたのしもう!」を開催いたします。
期 間 7月31日(土)から 9月5日(日)まで
場 所 喜多方市立図書館1階ロビー・特集コーナー

※新型コロナウイルス感染対策のため、状況によって休館やイベント中止等の可能性もございます。
※来館やイベントに参加される際は、マスクの着用・手指消毒等のご協力をお願いします。
※詳しい内容は、喜多方市美術館HPをご覧ください。
  URL http://www.kcmofa.com/

  • しかけ絵本の世界展

「山中 現 展 星の記憶」開催のご案内 (喜多方市美術館)

2021/04/24 (土) 〜 2021/06/20 (日)

 山中現(やまなか げん/1954−)は、喜多方市出身の画家・版画家です。1973年福島県立喜多方高等学校を卒業後、東京藝術大学美術学部油画専攻に進学しました。在学中に創作版画家・小野忠重の講義を受けたことから木版画を学び、同大学大学院美術研究科版画専攻を修了しました。1984年には、西武美術館版画大賞展で日版商買上賞を受賞、詩人・串田孫一との共作による詩画集『星火』や画文集『夢』は佳作として知られています。以降、国内外で発表活動を続け、多くの作品が高い評価を得ています。
 本展では、初期から最新作までの木版画を中心にガラス絵や油彩画、オブジェ、モノタイプと共に喜多方ゆかりの作品なども合わせて展示いたします。
 
会 期 2021年4月24日(土)〜 2021年6月20日(日)
主 催 喜多方市美術館
特別協力 福島県立美術館
協 力 福島県立喜多方高等学校同窓会、シロタ画廊
後 援 福島民報社、福島民友新聞社、朝日新聞福島総局、読売新聞東京本社福島支局、毎日新聞福島支
局、産経新聞福島支局、河北新報社、福島テレビ、福島中央テレビ、福島放送、テレビユー福島、ラジオ福
島、ふくしまFM、喜多方シティエフエム
観覧料 一 般/600円、小・中・高校生/250円、65歳以上75歳未満/300円、未就学児・75歳以上/無料
休館日 毎週水曜日、5月6日(木)  ※5月5日(水)は開館
【関連事業】
〆邁箸砲茲襯ャラリートーク(終了しました。)
日 時 4月25日(日) 11:00〜
場 所 喜多方市美術館展示室
講 師 山中現氏(作家)
定 員 10名 ※電話にて事前申込みが必要です。
参 加 費 無料 ※当日観覧券が必要です。

⊆賊蕁團ロのいた町》(新コロナ感染防止対策により中止となりました。)
内 容 山中現氏が木版画《クロのいた町》を刷りながら、技法や素材・道具について講演します。
日 時 5月22日(土) 14:00〜
場 所 喜多方プラザ 第1会議室
講 師 山中現氏(作家)
定 員 10名 ※電話にて事前申込みが必要です。
参加費 無料

3愀欅による作品解説
日 時 5月1日(土)、6月12日(土) 各14:00〜
場 所 喜多方市美術館展示室
定 員 10名 ※電話にて事前申込みが必要です。
参加費 無料 ※当日観覧券が必要です。

※新型コロナウイルス感染対策のため、状況によって休館やイベント中止等の可能性もございます。
※また、来館やイベントに参加される際は、マスクの着用・手指消毒等のご協力をお願いします。

【図録】
本展覧会の図録「山中現展 星の記憶」を2,000円(税込)で販売いたします。
また、山中現オリジナル版画付きの図録を限定30部、定価1万円(税込)で4月24日(土)より販売いたします。
・事前予約は、4月17日(土)より電話にて受け付けます。(版画付き図録の販売は終了しました。)
・お一人様のお申込みにつき1冊までとさせていただきます。
・受付時間は、午前9時30分〜午後5時30分(水曜日は休館)です。
・受け渡し方法は、会期中(4/24〜6/20)にご来館いただき受付にお申し出ください。
・現金のみでのお支払いとなります。
・お問合せ・ご予約は、喜多方市美術館(0241-23-0404)まで
・HP/ http://www.kcmofa.com/

  • 「山中 現 展 星の記憶」開催のご案内

第26回公募:「ふるさとの風景展in喜多方」 (喜多方市美術館)

2021/03/06 (土) 〜 2021/03/28 (日)



喜多方市美術館が1995(平成7)年の開館から続けている公募展「ふるさとの風景展in喜多方」は、今年で26回目を迎えます。この公募展のテーマの「ふるさとの風景」は、当初「身近な会津の風景」と位置づけていましたが、その後、回を重ねる中で「それぞれの心にイメージするふるさと」へとテーマを変更しました。このことによって、全国からの応募へと大きく広がりました。
 今回の応募作品は合計129点となりました。一般の部109点の中から入賞9点・入選35点、青少年の部20点の中から入賞6点・入選4点が選ばれました。また、青少年を応援する目的で設立された青少年喜多方中央ロータリークラブ賞に、3点が入賞しました。
本展では、昨年度の大賞受賞者による招待作品を含めた55点を紹介いたします。描く人・観る人がそれぞれのふるさとを想い、ふるさとを共有することができれば幸いです。

◎会 期/2021年3月6日(土) 〜 3月28日(日)
◎観覧料/一般300円、高校生以下100円、65歳以上75歳未満150円、未就学児・75歳以上無料
◎主 催/喜多方市美術館
◎主 管/2020公募:ふるさとの風景展実行委員会
◎協 賛/喜多方中央ロータリークラブ

  • 第26回公募:「ふるさとの風景展in喜多方」
  • 第26回公募:「ふるさとの風景展in喜多方」

高校生・あいづ美術展 2020 (喜多方市美術館)

2021/01/21 (木) 〜 2021/02/07 (日)

◎会津地区の高校と連携して「高校生・あいづ美術展」を開催します。
生徒たちによる日頃の研鑽の成果と、生き生きとした感性が光る作品の数々をお楽しみください。

会 場/喜多方市美術館(喜多方市字押切二丁目2番地)
会 期/2021年1月21日(木)〜 2月7日(日)
観覧料/無料
主 催/喜多方市美術館、福島県高等学校教育研究会美術工芸部会会津支部
出品校/福島県立会津高等学校、福島県立会津学鳳高等学校、福島県立会津工業高等学校、福島県立喜多方高等学校、福島県立川口高等学校、福島県立坂下高等学校、福島県立会津支援学校高等部、会津若松ザベリオ学園高等学校
 
※詳細は、喜多方市美術館HPを御覧ください。
 http://www.kcmofa.com/

  • 高校生・あいづ美術展 2020